扇ノ山 が 見えたよ !

2013/06/01

オオキンケイギクは今・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 11:09 AM

 

先日、町内の花壇を荒らしてはいけないと仲間の方と話し、やさしい花壇つくりをすることにした。梅雨入り直後に、その花壇をレーキで土を掻きコスモスの種まきをした。あまり作りすぎてはいけないのでコスモスの自然の力に期待してのことである。いやな台風を凌ぎ秋風に揺れる清楚な“秋桜”に出会えることを願っている。少し調べてみると、コスモスはギリシャ語だそうである。“秩序、調和、飾り、栄光、そして宇宙”など、コスモポリタン、コスメチェックにも関係があるとのこと、あまりにも意味あるいい花ではないですか!

ところで、このコスモスの花に近いものとして、”オオキンケイギク“がある。北アメリカ原産で、明治のころに伝来し、今では海岸や河岸さらには道路や空き地にまで群生し、さらに日本の在来種のカワラナデシコなどの分布地を奪っているとか。そうか、そうか?!散歩している土手の河原辺りに何気なくカワラナデシコの姿を見なくなった。しかし、黄橙のオオキンケイギクの花の群れに出会うことの方が多くなったような気がする。

このオオキンケイギクは明るい黄橙色の花である。在来種のカワラナデシコなどの日本固有種が駆逐されていってしまうとのこと、その駆除作戦が進められている。カワラナデシコを愛する手前としては駆除作戦に賛同し自らボランティアをやるしかない!とある空き地で少し日が陰ってきたところで、賑やかに咲くオオキンケイギクに出会った。むかしは”花がきれいだ!”と鑑賞されたのであろうが日本固有種のカワラナデシコなどが追いやられていることを考え思うとき、勇気を奮って駆逐してるその花たちの株を抜かねばならないとは・・・?

オオキンケイギクたちには全く迷惑な話である。人間の都合で駆逐したものと決めつけてるのは何かおかしい、おかしい?カワラナデシコたち追いやられた植物たちの過ぎ去った時代を思いつつ・・・。

DSC01452

P1390630

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。