扇ノ山 が 見えたよ !

2012/03/15

雪 ど け

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 12:25 PM

暫く、寒さの中にうずくなっていたわけではないが、思ったようにこのPC場面に向き合うことができなくなっていた。いろいろあり過ぎて言い訳になってしまうのでここへ記すことはしない。外へ出て寒いのだが、散歩する時もできるだけ季節を撮り納めておこうとデジカメを持ってゆくことにしていた。だが、大雪の時などは、そう言っても無理しないことにしてたので、厳しい寒さをとらえることはできてない。ショットした画像を後で見たときその画像に季節感が足りないことに気が付くことしきりである。特にこの冬の寒さと雪降りは残すような画像になっていない。降っては解け積もってはで、こちらは家内に閉じこもってしまい、いくらか撮った画像もこの早春には何時の間にかショットした時の思いが褪せ、ただただ撮り貯まって終うばかりであった。早く雪どけが進まないと、やる気をなくしてなんて。春がなかなか来ないなんて勝手に言い訳している今日この頃である。

3月になって、寒さが続き、時には遅い雪降りが何度も襲ってきた。早春の雪景色も日替わり!草原の花も絶えず襟を立て何とか寒さを凌いでいるようである。全国的な傾向だとか?スズメなど鳥たちの姿を見ないし鳴き声を聞くことも少なかった。採り置きの柿をエサ台に置いてたのだが最近になってモズの姿がチョットだけ見かけた。

P1200566P1200670R0019247P1200527P1200658P1200635

 

天候が良くなったので、少し自動車を飛ばして久しぶりの有楽椿の寺を訪ねた。遥か東の方には、雪や霞など被った扇のお山が見え隠れしている。この冬は、有楽の寺も雪深く埋まったとのこと、花も上手く咲くことが叶わぬまま茶色く傷んで、そのまま沢山散ってしまったそうである。漸く暖かくなってきた今3月中旬、花はまさに盛りとなっている。樹上で開花した花は1週間ぐらいの命、そして大樹の下に残っている雪の上にその青みがかかった花姿を横たえているのである。時に、樹上から春の雫のように妖艶な花弁が舞い散るのも特に雪どけを感じる!

DSC_0971DSC_0993

DSC_1140

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。