扇ノ山 が 見えたよ !

2012/01/30

寒  中

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 11:35 AM

今日も朝からボタン雪が空を舞っている。

雪の止み間を待って有楽椿の咲くお寺を訪ねた。今年の冬の訪れが早かったのか、寒かったのか?開花は1週間ほど遅れている。雪のある有楽椿にとっては花色が映える。開花は4月ごろまで延びそうである。

花色の美しさはこれからが本番である。蕾花たちにまたの再会を告げて帰路につく。

少し冷えたりしてくると舞っている雪が小さくなって叩きつけるように降り続く。昼間は少し小降りになっても夜半から朝方にかけて寒中であることを思い出したように深々と雪が降り続いている。しかし、時に少し昼間に気温が上がると辺りの山々がぼやけて寒霞?いやいや冬霞が雪景色を覆って気だるくなってしまう。しかし春の訪れはまだまだ先であろう?でも少し日当たりの良い畑の端の方でロウバイの明るい花たちに出会った。この花には春を感じるが透けたような花弁には寒中の色を感じる。日ごとに綻ぶ蕾にはまだまだ寒の洗礼が待っていることであろう。

P1190609

http://youtu.be/SWlptrifkDw

P1190655

 

確かに平年より寒さが続いている。朝方には葉のなくなった庭木々に雪の花が咲いたところをよく見る。だが、鳥たちがやってきて枝の雪を散らして去っていったものだ。寒さが厳しいのかその姿をあまり見かけない。枝には赤く熟れた柿の実もたくさん残っている。鳥のエサとなるものが豊富なんであろうか?我が家の庭のエサ台の柿の実にも啄んだ痕を見ないのが不思議である。でも散歩する川沿いでは水鳥たちはいつものようにスイスイと戯れている。そのほかの小鳥たちは温かい地方へ出かけているのであろうか?降っては一休みする雪、今年の冬は近くの雪景色も飽きるほど見られた!やがて春霞も見られることであろう!雪捨ての後、庭に残った雪で”雪ダルマ雛”を作って、”晴れの国の孫たち”へふるさとメールを送った。

P1190726

DSC_0398

P1190778

 

夕方川沿いを歩く。大寒も過ぎても日の当たる法面で所々の雪解けの下から春草が顔を見せているところに出会う。

節分、立春も間近である。夕日の中にもどこか春の光を予感する。

R0019075

R0019110

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。