扇ノ山 が 見えたよ !

2011/07/25

大暑のころ

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 4:31 PM

DSCF8728

大暑の頃とはいえ、時々お湿りがやってくる。草むらは蔓草がどこまでものびのびと・・・、小さな虫たちも散歩している。本格的な暑さはこれから・・・、まだまだ夏日はつづく・・・!

広告

2011/07/19

夏日つづく

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 12:12 PM

本格的な暑さはこれからであろう!?

夏日は限りなく続きそうであるが、藪や草原は虫たちが賑やかな演奏会を開いている!少し人間世界の雑音が気になるが・・・何とか涼しさを感じているところである。

P1130163

2011/07/13

暑 々

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 4:43 PM

梅雨明けが早くやってきて、タチアオイの花の蕾も終りになった。この暑さで虫たちも何か焦っているようであるが、蝉の鳴き声が少し小さいのが気になっている。突然にゴマダラカミキリにも会えた。さらに少し乾いた夏風に乗ったナツアカネに会えたのがいい。風貌に似合わずオトナシイのがアキアカネと少し違う。こちらも、暑さに負けないように頑張るか・・・!!!

_0016037P1130115
http://www.digibook.net/p/g8KMwsZBnexjGPzf/

2011/07/07

梅雨明けは・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 1:22 PM

今年は早く梅雨入りしたが、しかし梅雨明けは早いかどうか、それは分からないとか?

それにしても色々な梅雨の季節を経験してきた。鬱蒼としたこれが梅雨空だという時もあったが、空梅雨の天気がつづき、梅雨の中休みや時に雨降りになって庭が生き返ることシバシバであった。梅雨が明けるころの大雨は送り梅雨とかいうとか?雷が鳴って集中豪雨にもなる。

生きものたちもこの雨の季節に元気つく・・・庭に放してたデンデンムシに久しぶりに会えた?この庭にやってきて何年になるであろうかか?その背中の渦巻きを数えれば分かるであろうが、元気で雨の時に姿を出てくれば、それでいいとしている。だが最近は白い蝶たちに出会えない。餌になるキャベツがないのか?でも近くの畑ではよくテントウムシたちに出会う。絶えず脱皮の時に立ち会えている。庭ではこの季節に多くのギボシの花が咲いた。そして可愛いカマキリにも出会えている。キセキレイが梅雨の晴れ間に2度目の抱卵をしているのを見つけたが、朝早くから餌探しに出かけ帰宅時にはその囀りときたら、こちらは安眠を妨害される?巣のある軒下のアイビーポットに近づくと直ぐ叱られる。

_0015390_0015395

_0015606_0015611

 

梅雨の晴れ間に、出会いの森を歩いた。草花たちは、夏に向かってまだまだ準備中といったところ・・・。クヌギやナラ等を枯らす虫退治のため、ゴキブリ退治の粘着テープのようなものが幹に張り巡らされ、蟻など罪なき虫たちがもがき苦しむ哀れな姿を見てしまった・・・まだ、遅鳴きのウグイスにも出会ったが今は夏への準備期間中と言ったところである。お目当てはササユリである。今年は1株に2~3輪の豪華な花をつけた株に出会え感激してきた!

DSC_6513DSC_6625

 

ハンゲショウ・・・、実は郊外の外れに群落があったのだが昨年からの宅地開発のためその姿を見れなくなっていた。どこかないかと思いだした時、夏の終わりツリフネソウの咲く谷間にハンゲショウの実がついてた草があったのを思い出した。自動車を15分程と走らせハンゲショウの花に会いにいってきた。梅雨の蒸し暑さがあったが咲き初めの花たちに心ゆくまで会えた!

サトイモ科の半夏生と言う草の花?まことに不思議な花である。
虫によってはその匂いに寄りつくものもあれば、あまり好きでなさそうな虫たちもいるとか。この白い色?は時に緑色を取り戻すこともある。この頃までに田植えをしまい・・・

DSC_6936DSC_6971

 

初夏の庭にはアジサいやギボシなど白系の花が多くさく。そしてそこを訪れる虫たちが時々目にとまる。カミキリムシとは珍しい珍客?!・・・・これから暑い夏に向かうと太陽のように燃える赤や朱色の花が咲くのだが、今は何とも草花の影は静かである。蟹や蛙、そして亀の3Kたちも静かにおさまっているようである。梅雨明けを待ちわびている感じである。

P1120973P1120987

 

いつもの散歩コースへ出かけてみる、春草が刈り取られ夏草へ生え変わろうとしているところである。川沿いの柳などが生い茂ってムシムシと暑苦しい感じの景観である。でもよく見ると樹の頂きに淡いピンクの花が咲きはじめている。風に揺れて儚く咲いている花が見られる。合歓の花である。この花には咲きはじめのいい時に巡り合えることが少ない。やはり一日花であろうか?!年によってはその花色が薄くさらに儚くも感じられるが・・・。多くの蕾が見られるがこの梅雨空に上手く咲ききられるであろうか、少し同情したくなった。まだまだ梅雨の晴れ間がつづいてくれればいいのであるが、なにやら戻り梅雨ような天気になったり、このところ日替わりの空模様になってきている。

今年は異常なほど高温の日が多いように思われる。少し早いのかもしれないが、なかなか夏へ近づかない。豪雨や台風がすくない夏でなければいいのだが・・・

梅雨明けはいつ頃になるであろうか?

_0015768

http://www.digibook.net/p/0dShUpBwebFOGOU6/

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.