扇ノ山 が 見えたよ !

2011/01/24

色なき雪景色

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 8:42 PM

スライドショーには JavaScript が必要です。


よく降りつづいた雪も小康状態か?少し降っては融け、そしてパラパラとまた雪の舞う日々がつづいている。
積もっていた雪はやや融けてきた感じである。葉のある街路樹の折れた枝は大分かたずけられたが、その後雪の下から現れた葉のない桜の枝木や庭木など古くなったものが多く見かけられる。小学校の校庭の隅で折れたフウの大枝、痛ましい感じで沢山の実が付いていた。その果はヨーロッパ中世騎士の何ともクラシック調で武骨な騎士の甲に見えて面白い!その枝先には春を待つ膨らんだ芽を見つけた。畑に植えて10年くらいになるナツカン、昨年付けた支柱もかいなく枝は半分耐えられなく折れ、せっかく実を付けていたのが痛ましい。

いつも散歩する土手へ出かける。誰かが歩いた足跡は微かに見えるが、その雪道は奥行きなくどこまで続いているのか不安である。先に進むには僅かに融け始めて現れている雑草の法面が頼りである。その道はまた訪れる雪降りの色なき世界に消え失せることであろう。

鉢物を雪や寒さから守るには家の中では確かな陽差しのある洗濯干し場が一番良い。
今年はこの場所へアロエとゼラニュウム、そしてエンドウの鉢植えを入れてやった。
庭からの雪灯りもあっていいと思ってたが、そのことよりサンルームの屋根の雪が解けず思ったより明るくない。
咲き始めたアロエやゼラニュウムの明るい花色が今一つ冴えない。

もっとも寒い時期は大寒過ぎから立春の頃までと言われている。今は雪降りの中休みである。
いずれにしても雪への備えは油断禁物、インフルエンザや風邪に対しても外歩きにはマスクを忘れないように・・・

広告

2件のコメント »

  1. KENさん こんばんは^^。
    そちらはまだそんなに雪があるんですか~!@@!ビックリです。
    確かに今年は寒いですが、そちらの雪は例年に比べて特別なんでしょうか?
    川土手の雪景色とKENさんの足跡・・色なき世界の写真、いいですね~
    これだけ雪があると、それはそれで日常生活には困ることも多いでしょうね??
    立春まではこの寒さは続くのでしょうね、お気をつけ下さい(^^)。

    コメント by haw小太郎 — 2011/01/24 @ 10:21 PM

    • haw小太郎さん 籠ってばかりで遅くなりました
      KENの小さい頃には、この程度の雪降りや水道管の破裂など寒さの酷いことはよくあり、こんな冬には慣れてますが?温暖化の進んでいるこの時代には確かに珍しいことですネ。この雪で山の方もしっかり水が蓄えられることでしょう。でも年を重ねるとこの冬は体に堪えました?!
      暫らくバタバタしないで植物たちと同じく静かに春を待つのみです。

      コメント by 扇 KEN16 — 2011/02/03 @ 12:11 PM


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。