扇ノ山 が 見えたよ !

2011/01/17

雪また雪・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 9:50 AM

正月からの雪降りもおさまったころ、ウラクツバキのお寺を訪ねた。今季は一度11月下旬に立ち寄ったのだが、かなり蕾が硬そうであった。このところの寒さで、お蕾花の開きが遅いようにも感じた。ウラクツバキは樹上では青空に映え半開きの花姿がよいが、雪が降ると舞い散ったその花姿がまたまたいい!冷たい雪の上に舞い降りた花姿にはさらに薄青色の妖艶さが見られるのであるが、その時期が少し早く楽しみの花姿には出会えなかった。またの楽しみに置いてくことにして帰路についた。

DSC_3642DSC_3597

今年は雪の止み間がないくらいよく降り続いた。少し晴れた日の午後お山が見えるかなと?期待して近くの山へ上がることにした。上がり始めは山陰げで寒く感じたが僅かに踏み固められた雪道は心強く感じた。木立はほとんだ葉を落としていたが、テイカカズラだけは蜘蛛の巣のように木々をつないで幹に巻きついていた。上りつめたところで幹の周りに落葉が寄り添って日向ぼっこをし、その傍でテイカカズラの莢実から弾けた綿毛の種子に出会えた。

何時もなら頂上の展望のよいところから東の方を望むと、お山の姿がきれいに映えるのだが、さすがそのお顔拝むことができなかった。お山はまだまだ雪の中、見渡す平野は雪の原である。

またまた何度かここへお訪ねしますからと告げて下山する。

R0012177R0012206R0012259R0012237

 

子供のころ、雪降る朝起きるたびに窓をソット開けて雪が降ってない?かどうかを確かめるのがとても楽しみであった。その思いは今も変わりないが、大人になると色々とわずらわしいことがありすぎる。そんな朝に新雪を踏んで荒漕ぎすることは楽しいものであった。だが、雪降りの長い堤防をダラダラと歩きつづけることはただ疲れるだけでとても辛い今はそんな思いがつよい。こんな雪景色は何時頃まで続くのであろう?

こんな季節は、色々やることが沢山ある・・・PCのこと、税金のこと、本棚のこと、何となく整理仕事ばかりであるが・・・

DSC_3721DSC_3649DSC_3671DSC_3717

 

今日も朝から雪は降りつづく。 正月の雪は庭木や街路樹等が折れるほど雨っぽく重たかった。しかし、その後思ったより雪は融けずそのまま残って根雪のようになり、新しい雪が重ね降っている。ここにきて降る雪は軽やかに舞って静かに降り続いている。滑らかな椿の葉にはあまり雪は積もることないが、少し寒くて軽い雪質のためか?さらに張り付くように降り続く雪また雪・・・・

雪起こしの雷が鳴って静かな夜をむかえ、そして朝起きて窓を開けるのがたのしみで・・・

P1090223

広告

4件のコメント »

  1. こんにちはー
    そちらは よく雪が降っているようですね。
    猛暑で大騒ぎしていた夏が、嘘のようです。
    こちらも珍しく、氷の張る日があったのですが、昨日今日は張らなくなりました。

    有楽椿 今年も楽しませてもらっています。
    見るほどに 惚れ惚れとする木ですね。
    空が真っ青でその中に奇麗に咲いているのが印象的です。

    コメント by 照れまん — 2011/01/20 @ 6:20 PM

    • 周防の照れまんさーん どうもどうも・・・遅くなりました
      そちは雪がなくても氷が張って寒いのですか?こちらは寒くっても余り氷が張るといった実感はしないのです。でも、日々うすら寒く少し弱虫になっています。天気が良くても何となく冬の薄日です。今日もなお雪はチラチラしてますし、庭や空き地にはかなりの雪が残ってます。
      ところで有楽椿は新しい雪の上に舞い降りた花姿をフォトしたいのですがそのタイミングなくて…、また訪ねたいと思ってるのですが、またまたお訪ねください。

      コメント by 扇 KEN16 — 2011/01/24 @ 11:24 AM

  2. KENさん こんにちはー
    そういえば今年はまだつばき苑に行ってないナァと思いながら、見せていただきました。 またピンクのウラクツバキの季節がやってきたのですね。

    ・・・雪降れば 花はさらに綻ぶ・・・・ 
    動画も、石垣に添わせて文字を入れておられてなかなかニクイ演出です!^^!
    今年の山陰は雪雪雪のニュース続きです。
    無理はしないで春まで楽しんでましょうよね。

    コメント by fujim — 2011/01/22 @ 1:39 PM

    • fujimさん ようこそようこそ
      雪見舞いのお礼が遅くなりまして申し訳ないです。
      今年は何と言っても時々雪降りの日やってきてます。庭や露地など外は雪が融けにくい感じです。今もって根雪の状態の日々です。
      ところで住宅地などで見かけるワビスケ等の花姿は枝にあっても傷ついて気の毒な感じですが、お寺のウラクツバキの花姿は樹上の花はもちろん、舞い降りた花もあまり茶色に傷ついてないのです!雪の上に舞い降りた花は、褐色になるのでなくその命を精一杯生きつづけ不思議な薄青色を出してくるのです!そんな雪降りの日の後にまた訪ねみたいと・・・
      またまた・・・

      コメント by 扇 KEN16 — 2011/01/24 @ 11:52 AM


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。