扇ノ山 が 見えたよ !

2010/06/22

ササユリに出会う

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 5:58 AM

 

梅雨入りしてから蒸し暑い日が続いている。
出会いの森へ出かけ 3年ぶりのササユリに出会う

少し曇りかけたやわらかな陽がササユリをそっと引き立ててくれるている
森の入口で爽やかなウグイスの鳴き声が迎えてくれた!
咲いてる4~5輪の花は何時もの年よりいずれも白い!
それは無垢な花嫁のようである
頭にかける透けたレースを思わせる。絹のベールにも感じられる
正に6月のジューンブライドであろう!
紅い口紅?が少しこぼれ、開花の盛りを少し過ぎようとしている 

そんな花姿はこの頃までかもしれない・・・

出会いの森のササユリ・デジブック

広告

2010/06/19

氷ノ山に登る !

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 11:09 PM

P1040146 

氷ノ山の山開きは6月13日である そして12日夜は前夜祭が予定されていた
意を決し12日JRとバスを乗り継いで登山口のある若桜町舂米(つくよね)にある高原の宿”氷太くん”へ行く

天候は申し分なし

鍛えていた体力?を頼りに初めてながら1,510Mの頂上を目指す
デジショットと野鳥の声をICレコーダーに録音するためユックリのぼる

ブナ林の谷川沿いは野鳥の天国・・・久しぶりにカッコウの鳴き声も聞く
頂上近くでは前の登山者の後を追う”アサギマダラ”にも出会う

デジブック・氷ノ山に登る

2010/06/14

梅雨入りのころ

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 1:46 AM
   

 

 

少し乾いた空気が爽やかな春を感じた日々は過ぎてゆく

田園の風景が草色から土色へと日毎に変わり 今 さらに青い空を映した水田へと風景が広がっていく

久しぶりの土手の散歩 午後の日がヒリヒリと肌を焼くように感じる

爽やかに風が木の葉を揺らす そのなかに黄色とミカン色のユリの花が咲いている 

アー!田植えのころだったのかー? 花に通うミツバチの姿も見かけられる

田植え・ユリノキ 2010-06-05 053

田植え・ユリノキ 2010-06-05 047

 

近くの山沿いにある旧藩主の墓所を訪ねる

夕方近く陽がかなり傾いてきた 日差しはチラチラと参道の奥へと差し込んでいる

静かに目を細めて地面を見渡す 一瞬日蔭から”道教え”のハンミョウ?が横とびして現れる!

姿勢を低くして後を追う 墓石の台座の方へ飛び去り その美しい斑の姿は消える

何か白い羽根の虫が灯篭石へ飛んでくる その透けた姿は何やら儚さそのものである

鳴き声はないが蝉の抜け殻を見る やがて 木陰の静けさを破る蝉しぐれになることであろう

古木に巻き付いたテイカカズラ 花の開花はは少し遅そうである

池田家墓所2 2010-06-06 014

池田家墓所2 2010-06-06 021

池田家墓所2 2010-06-06 036

 

ツワブキの株が増えてきた 綿毛が飛び散って小さな丸い葉の芽を見つける

わが庭には何時となく沢山生えてしまったオダマキも・・ついに地付いた感じである 

春先から咲いた薄青色の花は莢実が黄に変わり 自ずと弾けて今またその勢力を広げている

  梅雨入り前の庭 2010-06-09 032 

梅雨入りなっても雨降りは少ない

縦に伸びるカシワバアジサイの花 少し雨を頂いて重たそうに前に傾いたお顔が見苦しいhttp://www.digibook.net/p/a0_UVQZBv6xWy-V2/</object>”> 

時としてその花姿は乱れるが葉が紅葉するので支えをして長く楽しむことにしている

昨年の秋強く剪定したヤマモモ 古い葉をスッカリ落し新たな枝を伸ばし衣替えをしている

これで空庭に日蔭ができて 3K(蟹・蛙。亀)たちの語らいの場ができた!

梅雨の走りか? 2010-06-08 016

梅雨入り前の庭 2010-06-09 031

 

散歩の道は川沿いの柳が 生い茂り 夏草が伸びようとしている

赤紫の花をつけていた葛は旺盛に蔓延する故に一度は刈り払われた

今再び強い生命力を大地から押し出すように金色の蔓を伸ばし始めてきた!

柳の茂みではヨシキリなどの囀りが心地よい

堰堤の流れる音に負けない掛け合いの鳴き声 その存在を主張しているとか?

お山の方は少し雲が出てきた 

・・・・・・・・・

雷が鳴ってもよさそうな真夏日になる! 少し湿度が上がってきた 梅雨入りである

伸びる葛の蔓 2010-06-09 005 

ニンドウと田植え 2010-06-08 006

梅雨入りのころ 2010-06-13 025

2010/06/05

空梅雨か・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 4:51 AM

 散歩の道沿い 爽やかな空によく映えるセンダンの若葉 

その葉柄のあたりに淑やかな薄紫色の花が咲き

その後 2度目の子育てをしていたキセキレイ?が花見に立ち寄っていた!

P1030408

P1030412 

久しぶりに合唱の音楽会へゆく 街なかの道をさけて近道の裏通りを自転車で通り抜けようと・・・

その途中 聞いていた一人住まいの古い館の庭 鬱蒼とした緑に埋もれている!

門のある裏口も緑に閉ざされている 何か蔓性のものに白い花が緩やかに風に吹かれている

忘れていたテイカカズラである その蔓は近くの柿の幹をよじ登り 今を盛りに象牙色の花を誇らしげに咲いていた

少し屋敷の周囲を巡ってみる その塀らしきものが分からない

白い花のテイカカズラの蔓はシッカリと塀を張りめぐらし(PS・1) さらに高く新しい蔓を伸ばしている

この古い館を守っているような? いやいやこの館を乗っ取ろうとする勢いのようなものを感じる

一つ一つの白い花は小さいが その花数をもって執念のような呪いめいたものを感じるのはどういう訳か?

日蔭で静かに咲く花 時々風に揺れて初夏の涼風を呼んでくれている

テイカカズラの屋敷 2010-05-31 017 

テイカカズラの屋敷 2010-05-31 170

テイカカズラの屋敷 2010-05-31 088

テイカカズラの屋敷 2010-05-31 157

テイカカズラの館R 2010-05-31 001 パノラマ写真5

わが庭にも強い日が差し込みだしている

空庭の石の上にあがって蟹、蛙そして亀たちが甲羅干し?をしている 

いわゆる3Kたちが何やら話?をしている 白い大文字をなしたユキノシタの花見をしている!

周りはギボシやツワブキ等に囲まれて静かである

その後方あたりから高腰に伸びてきたアジサイの花蕾がそのヒソヒソ話を立聞きしている?

6月の晴れ間 2010-06-03 002

6月の晴れ間 2010-06-03 011   6月の晴れ間 2010-06-03 007

 

散歩で昼間に歩くと汗が出そうであるが 爽やかな風で蒸し暑くないのがいい

少し日が西に傾きかけたころ 久しぶりに散歩に出かける

野草に覆われていた法面も草刈りがされ サッパリして夏が何時やってきてもよさそうである

橋の近くのブロックの法面の辺り気になっていたウスユキマンネングサが白く淡い星型の花を咲かせている

西アジアのパキスタンあたりの乾燥地帯であったような記憶・・・?

春先は明るい緑色をしている 少し早いが秋色を呈して秋気をくすぐる

夏の雲も現れ出した でも しばらくは空梅雨が続きそう・・・

初の夏雲 2010-06-03 090 

初の夏雲 2010-06-03 023 

初の夏雲 2010-06-03 119

 

最近は空地にクロームイエローいわゆる濃い黄色の花のコスモス?に出会う

調べて分かったのは、この花の名前は”オオキンケイギク”とか?砂浜や河岸あたりに野生化している

生まれは北アメリカで日本には明治の中ごろ伝来している 

最近の気候は、温暖化とともに乾燥地化しているのではなかろうか?

ウスユキマンネングサやこのオオキンケイギクなどが育ちやすい環境になってきているのか?

夕方近く日差しが強い 草刈りを免れた河川敷の草原も雨水が欲しそうである・・・

P1030712

P1030769

 

2010/06/02

テイカカズラの花は今

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 9:24 PM
ここにアップしていたフォトストーリーは、6月5日の”ところへ移動してアップしましたことをご了承ください。

WordPress.com Blog.