扇ノ山 が 見えたよ !

2010/05/20

初 夏

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 3:09 AM

五月も後半 春が長らく足踏みして暫く楽しませてもらった 

繁る草むらのなかに人も家も埋もれてしまっていく感じである

 

散歩の途中の草むらはともかく 近所にも緑に埋まっている民家を見かける

人の住まなくなって古びた民家が増えてきている 

昨年の秋に民家の西壁には紅葉のツタの葉が一面をおおってることに気が付いてた

この春はまたまたツタの蔓を刈り取るでもなく緑が勢力を伸ばしている

旧宅には少し大きく育ったトチの樹?…見上げるとこの緑の葉にはますます初夏を感じる

近所の幼稚園には早咲きの桜のようなミニサクランボの木がある

このところ そばを通るとヒヨドリの鳴き声と園児の親子のおねだりする会話が賑やかい!

このサクランボの実が無くならないと梅雨入りは来ないのであろう?P1030161 P1030293   P1030338

 

散策の道沿いは野の花が盛りである 田園には養蜂の箱も消えミツバチたちの姿も見なくなった

のどかだった田んぼも やがて本格的なの耕耘が始まるのであろう 

散歩の土手沿いに長く咲いた菜の花 今や見事に莢実をつけて来る春への備えをすませている

少し暗くなった夕方 川沿いに花のようなもの微かに見える 

岸沿いに降りると黄ショウブの花が大きな株になって咲き始めている

この黄色は紛れもなくいい!本格的に梅雨を迎えられる

梅雨入りはいつ頃になるであろうか? あの蒸し暑い日々がやって来るということか?

旧宅の春 2010-05-13 086 旧宅の春 2010-05-13 165P1030393 黄ショウブ 2010-05-17 002

 

好天が続いていた昼下がり 30分ほど車を走らせてお山のお顔を見にゆく

その途中 昨年?気が付いたのだが 県道沿いでジャケツイバラに出会った 

日当たりのよい山裾の法面に絡みつく咲くこの花 日蔭との境間に花こうが立ち上がって咲いていた

近ついて見ると 蔓のような逆向く棘の枝が絡み合っている 

手を差し入れ花を近つけて見て匂いをかごうと手繰り寄せようものなら・・・・

昔から言われてるように”綺麗な花には棘がある” この花はまさに輝いている!

初夏・お山の麓 2010-05-17 022 初夏・お山の麓 2010-05-17 027初夏・お山の麓 2010-05-17 030 初夏・お山の麓 2010-05-17 054

 

麓の集落を過ぎお山が見える いつ訪ねても長閑な桃源郷である!

この谷間の空間の広がりがいい その奥まったところのお顔は扇を半開きにした淑やかに映える

山頂はおそらく残雪は消え失せてるころ これから本格的にブナの新緑に入るのであろう

山腹に生える天然の杉樹がお山を引き寄せてくれる

梅雨に入るころ お山は一面の緑に覆われお顔も霧に包まれて暫くお隠れすることであろう?

初夏・お山の麓 2010-05-17 088 初夏・お山の麓 2010-05-17 103 初夏・お山の麓 2010-05-17 106

 

林道を上がる道沿いには そのまま萎れそうな花や咲き誇る花々たちに出会う

日蔭に咲く花 陽を受けて半身を揺らしている花たちも春の名残を惜しんでいる

夕方になると梅雨が近づくことを予感してか カエルなどの生きもたちが騒ぎだす

初夏・お山の麓 2010-05-17 150

初夏・お山の麓 2010-05-17 133

初夏・お山の麓 2010-05-17 153

初夏・お山の麓 2010-05-17 184

 

2010/05/18

雨を待つ花たち

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 10:02 AM
  

2010/05/17

五月の午後は・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 12:07 AM
 

2010/05/14

那岐山の初登り

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 9:53 AM

2010/05/10

風光る

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 5:50 AM

新緑のなかを風が吹きわたってくる 花や若葉の爽やかな香りを感じる

郊外の少し大きな公園に出かけ散歩する

今年はクスの若葉の色がいい! 紅葉した古い葉は若い葉を引き立てている

若い葉がサラサラと光り細やかに揺れている 近くで鯉のぼりが悠然と泳いでいる情景はまさに春風そのものである  

布勢運動公園1 2010-05-04 021

 布勢運動公園1 2010-05-04 008

 

野を吹き通り過ぎるのは薫風 また幾分強く吹き葉裏を露わにさせる青嵐 

やがて軟らかに吹き 木々の若葉青葉が細かく揺れる  春の風が光ってるように感じられる 

黄濃いくなった竹の秋も目につきだす 

民家や屋敷の隅に古色で目立たない桐の花やアヤメより早く咲くイチハツの花々 

なんとも薄紫色で地味な花を咲かせることであろう!

草むらではいつの間にか土筆たちが姿を消し 緑濃いく深々とスギナとなって生い茂っている

 2010-05-06 013 

P1030086

P1030080 

P1030134 

緑スギナ 2010-05-04 001

 

春の町内地祭り 麒麟のお獅子の訪問をうける

鉦と太鼓が町内に響き 庭に差し込む春の陽がその拍子に合わせチラチラやわらかく光る

舞うお獅子を誘いうように猩々はフラフラと千鳥足で奥の方へすすむ お酒好きな赤い顔がいい!

池田墓所の参道で奥へ誘いこんでゆく五色の”ハンミョウ”の飛び交う様を思い出す

P1030072

祭りのお獅子 2010-05-09 004

祭りのお獅子 2010-05-09 015

2010/05/04

行く春は・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 10:24 PM
   

2010/05/03

本格的な春風が吹く!

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 12:42 AM

                            ようやく春が本格的に進みだした 暖かくなった風が東から南に回って春の草むらを波打たせる

近くの山々も萌黄から若葉にうつり 強い南の風で白く葉裏を見せる

色褪せるまで桜の花が咲き続けたように野の花たちも陽を浴びのびのびと咲いている

テントウムシやミツバチ そして蝶たちの飛び交う姿をよく見かけだした

夕方ごろ一瞬陽が陰り春の風景が変わる 東の方に虹があらわれたと思ったら儚く薄れてゆく

  東へ風騒ぐ 2010-04-27 032

P1020329 

東へ風騒ぐ 2010-04-27 039

陽気な日が続く 若々しく草がなびきなか 土手の河原の草むらを歩く

柳の若葉がゆれて頬を過ぎる春風を実感する

野鳥の声に交じって少し甲高い鳴き声はキジである 人けを警戒してなかなか姿を見せない

遥かお山に残雪がみられるが この景色も一週間あまれであろうか?

P1020353 

P1020395

P1020398 

夕方の草むらに光沢のある黄色のキンポウゲの花がよく映える

いつの間にか春の草が繁ってゆく 

土手を管理しているところが草刈りの赤い目印の竹杭を立て始めた

目立たなくなった菜の花は莢実がついて草むらに埋まっている

この莢実が弾けた後 草刈り機械で作業が始まるのであろうか?

咲き始めたアザミはその草刈りの受難を受けるのであろう・・・

P1020794

P1020808

P1020824 

P1020946

陽気になってきた5月はこの川沿いの流れの風景がすきである

川岸に生えてる柳の若葉と赤く色ついたスイバの花穂がこの風景に奥行をつくる

遥かなお山の残雪が融けて見えなくなるころ 少しずつ夏の近づくのを感じる

いやいやその前にあの鬱陶しい梅雨を向かえないといけない

これから緑燃える季節に入るのであろう

P1020984

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.