扇ノ山 が 見えたよ !

2010/04/30

春が飛んでゆく

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 1:50 AM
 

2010/04/28

萌黄のころ

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 1:09 AM
 

2010/04/24

春の足ぶみ

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 10:27 AM

 

その気になって外歩きしてみたが風が冷たい 田圃や川沿いの草むらは春らしく緑を増している

菜の花の季節は終り 代わって可愛い緑の菜種の莢実が目立ちだす

時に降る春雨は冷たく感じる あまり風は吹かないが防寒着を羽織って散歩に出かける

 

少し反れて久しぶりに谷間にある藩主墓所を訪ねる 

萌黄の梢や若葉のモミジが奥へ奥へと清閑な緑のグラデイションをつくる

よく見ると薄暗なモミジの古木の奥に朱色の椿の花が残っているようである

その朱色の花に招かれるように幹に近づく・・・?! 

舞い散った花は形を崩し時に土色に変わっている 冬の厳しい寒さなど辛かったことを語っている

僅かにその枝に残っている朱色の花々に 何かその藩主の気品を感じる 

散り落ちて崩れた花弁にはヤブツバキとは別の品のある趣を残している

雪にあい押し花のように枯れ果てても 乱れない花姿に藩主たちの哀れを感じる

敷き詰められたような散り花 一面に静かに横たわるさまは仕えた家臣たち姿を思いおこす 

あー・・・ 江戸の屋敷暮らしが懐かしい・・・

春の池田墓所 2010-04-18 389

春の池田墓所 2010-04-18 145 春の池田墓所 2010-04-18 180 

春の池田墓所 2010-04-18 194 春の池田墓所 2010-04-18 297

春の池田墓所 2010-04-18 298 春の池田墓所 2010-04-18 362 春の池田墓所 2010-04-18 379

 

一雨ごとに庭の木々が芽吹き さらに若葉が萌黄色から緑濃いく変わってゆく

藩主墓所の近くや近隣の山かけで涼しそうに群生して咲く花 そんなシャガは珍しくない

自宅垣根の棒カシのそばで 雨が降る度に雨粒を引き止めるようにシャガの蕾が膨らんでゆく 

開いた花姿は少し気早いが初夏を予感する 雨が上るころ爽やかなシャガ色?が冴える

雨を帯びるシャガ 2010-04-20 022

キセキレイ2 2010-04-21 025 

最中シャガ 2010-04-23 010

最中シャガ 2010-04-23 002

 

しばらく曇りや雨の日が続いた 

草むらのタンポポが咲きかけて咲けない日が続いていた 

それでも花は実を結び綿毛を次々と開いている 

でも少し寒くて大空へ飛びあがれない

 

こんなスッキリしない日でもキセキレイの親鳥たちは朝早くから忙しくセッセと子育てを続けている 

いつもの自宅の窓越しにあるアイビーポットに可愛い6羽の雛が育っている

でもこんな寒い日が続くと餌になる虫も多くは飛んでいない キセキレイの巣立ちは少し遅れそう

そんな親子のキセキレイたち 季節の変調を何か感じているのであろうか?

こんな天候不順がどうしても気になる 

キセキレイ2 2010-04-21 037 

キセキレイ2 2010-04-21 045

2010/04/23

シャガの花が咲くころ

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 12:03 AM
 

2010/04/15

名残の有楽椿は今・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 8:43 AM
 

2010/04/10

川沿い春の戯れ

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 1:49 AM
  

2010/04/08

春を歩く

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 12:51 AM
 

2010/04/05

春風は・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 12:01 AM

しばらく花冷えの日が続いていたが すっきりしない天候から漸く抜け出したようである

明るい菜の花の黄色が少しずつ鮮やかさを増してゆく だがまだ蝶や蜂たちの飛び交う姿を見かけない

ツバメたちは夕方になると川面を飛び交っている 餌になるものを何処で見つけてるのであろうか? 

でも 近くの田圃にミツバチの箱が2~3日並んだまま まだ戸が開けられてない 

外気が冷たいのであろうか?

P1010569

P1010603

 

夕方になって散歩にでかける 

ほぼ満開となった芥子菜の花も光の中ではやわらかく映る 柳の芽もかなり若葉の色が目立ちだしている

川の流れが少し音を立て 雪融けの水であろうが水嵩も増してきている

P1010706

P1010719

P1010714

 

野の花もタンポポなど黄の花色からカキドオシなど紫紅色のものが目だちだした

荒れた古い屋敷跡にも何やらが野生化した草花が蔓延りだしている

何時も時代の移ろいには気がつきにくいが ここにきて確かな春への移ろいを実感する

残り少ない野菜畑の中でも大根の花が抽立ち白い花弁をふりまいている

白ネギはやっと春を感じたようだ まだ寒いのか蕾のカーテンの内から外気をうかがっている

P1010759

P1010541

畑の草原 2010-04-01 001

畑の草原 2010-04-01 030

 

何と気がついたのは夕方である

今を盛りのヒメオドリコソウに勢力を奪われている可愛いホトケノザに久しぶりに出会う!?

今年の春はなかなか蝶や虫たちの顔を見かけないが如何しているのであろう

ホトケノザの葉のウテナで春をジッと待っているテントウムシにはまだ風は冷たいのであろうか?

畑の草原 2010-04-01 035

畑の草原 2010-04-01 054

 

天候が回復してくると遅霜があるという この夕日はそんなことを予感する

少しずつウララの陽気になってきている 

桜の満開を待ちわびていたが人も心は移りゆく ソロソロと長過ぎても花は飽きられる

春の風がやってきそうな気がする いやいや春の嵐かも・・・・

P1010783

P1010829

2010/04/03

野の花回廊

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 9:25 PM
 

2010/04/01

大根の花の咲くころ

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 12:22 AM
 

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.