扇ノ山 が 見えたよ !

2010/03/29

春なれど白いもの・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 11:49 PM
 
 
 
 
広告

2010/03/26

桜は開花したが・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 8:15 AM

例年より1週間ほど早いソメイヨシノの開花宣言があった 

でも開いた花は疎らで色褪せたように見える 

いつ頃満開を迎えるのであろうか? 時々冷たい雨や霙が降ってきている 

しばらく花冷えが続きそうである

少し早く咲いた”雅”の桜の方は色濃いが 何となく冴えない 形無しである 

  

2010/03/17

梅林を訪ねる

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 10:50 AM

まだ冬の寒さを感じる朝 いつもより早く頑張って起きる 

1時間余り東京行きの飛行機の客となる 冠雪の富士の山を右に見て予定通り羽田に着く

青空で天候よし! この度は桜の花見ならぬ初の“梅花”愛でる旅である 

日本三名園のひとつ“水戸の梅林偕楽園”をバスツァーで訪ねた

水戸藩9代藩主徳川斉昭公が「衆と偕(とも)に楽しむ場」として開設されたそうである

その斉昭公の銅像と千波湖が迎えてくれた

市民の憩いの公園らしく何と大きな白鳥?たちがハイカラ?に泳いでいる! 

この湖は自然のものか?或いは人工的につくられたものなのか? でも妙に開放的な空間に感じる 

周囲に植えられた枝垂れ柳が若芽きって揺れ手招きしていた

広がりある名園はやはりパノラマフォトにできるようデジカメで少しダブりショットさせる

水戸・偕楽園 2010-03-14 102

水戸・偕楽園 2010-03-14 002 パノラマ写真 

まさに9分咲きの梅林は芳しい早春を告げていた! 

この陽気な日は梅林へ多くの花見客を招き 陸橋や入口東門辺りは混み合っていた

大安吉日 園内で出会いよく花嫁の姿を見かける

梅林は3,000本100種類樹齢で160年余り経ているとか?  

展望のきく高台から南面の田鶴鳴梅林を見る 絶景かな それは梅林深さ千尺なり!? 

梅の木々は不思議なほど自然の梅林の良さを残し人の管理の跡を感じない

水戸の人たちが梅林を大事にしてきた証であろう

この偕楽園は陰と陽の世界に創っているとか? 

桜や萩を愛でる催しもあるとか?花である陽の世界を心静かに楽しませてもらった!

今度は表の黒門から入って陰の世界を散策してみたい 

 

いずれにしても一番いい季節に訪ねたということであろうか!!

水戸・偕楽園 2010-03-14 014 パノラマ写真

水戸・偕楽園 2010-03-14 096

水戸・偕楽園 2010-03-14 023

水戸・偕楽園 2010-03-14 033 

水戸・偕楽園 2010-03-14 035

水戸・偕楽園 2010-03-14 001 パノラマ写真1

水戸・偕楽園 2010-03-14 048 パノラマ写真 

水戸・偕楽園 2010-03-14 059 パノラマ写真

水戸・偕楽園 2010-03-14 066 パノラマ写真

 水戸・偕楽園 2010-03-14 087 

 水戸・偕楽園 2010-03-14 090

水戸・偕楽園 2010-03-14 075

水戸・偕楽園 2010-03-14 097 

水戸・偕楽園 2010-03-14 099

2010/03/13

寒の戻り

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 4:41 AM

少し暖かくなって春らしくなった でも朝夕の空気が頬には冷たく感じる

そんな夕方に出会った咲き始めの菜の花の花顔はうなだれていた

こんなに花が咲いてもミツバチたちの飛び交う姿を見ない 

虫たちは何か遅雪を感じていたのであろうか?

雷が鳴って春雪が降り やがて虫たちが本格的に目を覚ますと言われたが? 

夜から雪が降はじめ久しぶりの雪の朝となる 菜の花にとっても重たい雪である 

その2日後 散歩道の菜の花へ雪見舞いに行く

雪はすっかり消えていたが菜の花は凛と顔を上げて爽やかであった 逞しい!

 

こんな寒さを感じつつ冬から春に向かってゆくのであろう!

しかし土手の南面にはツクシが一気に顔を出しそうなものだが 

南面より北の法面の方にツクシの姿は多い

半日陰にスギナの姿を見たのはそういうことかと???

 

今年は暖かな冬であったことから早いタンポポの開花に出会った

2、3度目かの開花に出会い 綿毛を作るのもも忙しそうである

ところで最近確認されるタンポポには 外来種との雑種も見られるとか?

タンポポの種類を調査する「タンポポ調査・西日本2010」が行われているそうである 

みじかな自然環境の変化に関心を持たなくては地球温暖化のことも語れそうにない

頬冷たし 2010-03-08 053

P1000940 

P1000946

P1010127

頬冷たし 2010-03-08 025 P1010043

 

南の風が少し荒れ狂った 生ぬるい風ではなくむしろ体温を取られていく

そんな川沿いでこちらへ向かってくる矢のような点・・・

”ツバメ”の初見である しばく空を見上げて待ってみたが再び会えなかった

帰り際 民家の垣根で明るく咲き始めの桜を見かける! 

桜のは品種は知るよしもないがソメイヨシノより早咲きの桜である 

その桜の木の近くで何やらヒヨドリに似たような鳥たちが嬉しく騒いでいた

ツバメ初見 2010-03-12 010

 ツバメ初見 2010-03-12 012

 

2010/03/09

春雪憂い

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 11:12 PM
 

2010/03/06

啓蟄なれど・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 4:24 AM

 

立春が過ぎて久しい 陽の光にパワーを感じ 水の温みも感じたが?

春の陽を一時感じたが 吹く風はまだまだ 冷たく感じる

庭の鉢が倒れていた 気が付かなかったが春一番が通り過ぎてしまった

4・5月並の気温も何日かあったようだ その後 曇天の日が何となく多い

大地は何時の頃からか春を感じ モグラたちもムクムクと土を押し上げている

散歩の途中でミミズがニョロニョロ道を横切っているのを見かけた!

庭のオウバイやボケそしてチンチョウゲの花たちが何となく咲き競っている

何時ごろ満開に咲いていいのか?花たちは咲き迷っている

川沿いに何か動くものを見かけ岸へ下る 静かに水面を揺らすヌートリアの二人ずれ!

カモなど水鳥たちは少なくなった アオサギが雪融け水の川面を見張っている

ネコヤナギの花に確かな水の温みを感じ取る!

寒し菜の花 2010-03-02 050

P1000885

 旧宅と土筆 2010-03-03 082 

P1000904

 

散歩に出そびれていたが やはり外気はそんなに暖かくない

少し緑に変わってきた土手の法面見る なんとツクシが天を指してニョキニョキ!

その姿は少し弱々しい・・・が春を美味しく頂くことにした!

旧宅と土筆 2010-03-03 073

  つくし収穫 2010-03-03 003

 

スッキリしない空から冷たい雨が時々降る

例年より早く芥子菜の菜の花が咲き進んでいる 葉や花の姿も小さい

冷たい雨でもさらに菜の花の開花を促しているのであろうか?

日本南岸沿いの前線が停滞し雨が降り続いている 

少し早いが これは菜種梅雨ではなかろうか?

このところ夕方の雲の景色は冴えない

明日の空は・・・

 寒し菜の花 2010-03-02 093 

旧宅と土筆 2010-03-03 029

WordPress.com Blog.