扇ノ山 が 見えたよ !

2010/02/11

立春のころ

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 2:44 AM

暦のうえではその日から春となる 

冬の晴れ間で陽の光に力強さを感じ 川面を見て水も温んできたように思える

お山の晴れやかなお顔を見たく 近くの木立の山にのぼる

風は吹いていないのだが頬を摩ってゆく空気はまだまだ冷たい

夕方のクヌギの木立には冷気が空から降りてくるようで身がすくむ

立春の日は見事に雪の朝になる 昼ごろに雪はスッカリ融けていつもの庭に戻る

暑さ寒さも彼岸まで しばらく寒暖の日々を繰り返すのであろう

   三度面影山P2 2010-01-24 004

 夕方面影山 2010-01-27 033

 立春の雪 2010-02-04 001

散策に出かける道沿いで 民家の軒先にあるオウバイの開花が気になり立ち寄る

寒さのなかで硬かった蕾も綻び始め 開花した花は濃い黄色で少しずつ明るい色に変わってきた

夕方ころに見た花色は春を迎えるにふさわしい雰囲気である!

 黄梅三度 2010-02-04 065

散歩する土手からお山を眺めると 朝方ではなかなかお顔を拝めない

昼ごろになって東のお山に懸っていた雲が晴れそうである

早く昼食を済ませお山の麓の集落へ向かう30分ほど車を走らせる 

奥へ進むほど外気の冷たさを感じる それにもまして空気が透明感を増し渓の深さを感じる

お山へ通じる道には車の轍が見えない お山が見えない 道沿いのガードレールに沿って進む

しばらくしてこの道を進んできた四駆の車に追い越される しかし間もなくその車はバックしてくる 

動物たちは自由に動いている 雪道や水田跡には生きものたち険しい足跡を感じない 

お山は人や車を拒んでいる

お山の頂上を臨めるところまで雪を踏み歩く 

谷川のサラサラ?した水音が快く聞こえてくる 

周りの波打つような繊細な木立がKENの目を心を奥の方へ誘う!

お~!まさに扇のお顔である!

ブナ樹の美しい木立は谷間で重なりあい見事に扇子のように広がっている!

少し赤みを帯びた梢や木立にお山の早春の光と色を感じる

新雪のあった後であろうか?頂上の避難小屋は見えない こんなお顔は年に一度で十分である

!  !  !  !

 立春・懐お山 2010-02-07 013 

 立春・懐お山 2010-02-07 077

 立春・懐お山 2010-02-07 093

 立春・懐お山 2010-02-07 079 - コピー

立春・懐お山 2010-02-07 055

 

今年は少し早く春が訪れそうな気がすると集落の人が語っていた

 

今 アメリカ・ワシントンは88年ぶりの大雪記録を更新中であるとか

日本ではそんなことは起きないと思うのだが・・・?

 

広告

4件のコメント »

  1. こんばんは(^ー^)ノ扇の山の画像が素晴らしいですね。雪景色は撮影が難しいのに、隅々までくっきりすっきりこれぞ風景写真と言う感じがします。雪上に残る足跡は何方が残したんでしょう。生命が伝わってきます。新潟では久しぶりの大雪で大混乱してましたね。これが温暖化の影響なんでしょうか?

    コメント by saganhama — 2010/02/11 @ 4:46 AM

  2. こんな大雪の下でも、黄梅は鮮やかな黄色の花をつけてますね。1昨年、病院の庭に枝垂れる黄色いカーテンを見て一枝戴きました。ウインターコスモスの繁茂した下に黄色が見える。しっかり根付いて咲き始めました。 春の便り ですねぇ!大雪と黄梅と季節が移る、、、、雪は最後の一暴れで静まる  いい景色ですねぇ~。ご近所の有楽椿は秋ごろから咲き始めてずっと今も咲き続けてます。椿にしてはとても成長の早い木ですね。椿の苗木のなかに、1本貧相な「太郎冠者」があって手が伸びました。 連れて帰りました。咲きかけの薄紫はなんとも風雅な花です。 京都の木もKENさんのとこの木も同じ遺伝子を持つそうですね。つまりクローン遠い昔、京から鳥取へはるばるお嫁入りしたのでしょうか。 花に魅せられたどなたかが持って行かれたのでしょうか。去年の蒔いた種から3本発芽して元気に育ってます。極めて種を作り難い木だそうですが、柿のようになり年にはたくさん種をつけます。

    コメント by Pu'uwai — 2010/02/11 @ 10:25 AM

  3. hamaさんへ ようこそようこそ どうもどうも 遅くなりましたもう平野部の雪は消えました。そんな訳で、少し車を飛ばせてきた次第です。雪のあるフォトは苦手ですが、曇天を狙ってフォトするように心がてます。そんな時でも雪の上に動物の足跡が走っていることはとても救いです。谷川からの春の訪れが聞こえてきます。またまた寄ってください 

    コメント by KEN16 — 2010/02/15 @ 12:16 AM

  4. Pu’uwaiさんへ春めいたとは言え直ぐにうすら寒い曇天になり、散歩の途中でオウバイの花に出会い救われる思いです。いつもの年より早く咲きそろっているような感じです。咲き始めの鮮やかなクロームイエローの色が春を急かし招いてるようです!ところで太郎冠者や有楽椿はある程度大きな樹になってその魅力ある花色が出ると聞いております。いずれにしても年月を経て伝えられてきたことの素晴らしさを信じたいと思います。まだだ開花期がありますので、またその地を訪ねてみたいと思ってるところです。以前に夏ごろに行ったことがありますが確か?実が生ってるところを見たことがありません。その地には次代のために何本かの有楽椿が植えられてますが、挿し木で苗を育てたのでしょうか?遅い春ですが、またまたおたちよりください

    コメント by KEN16 — 2010/02/15 @ 12:45 AM


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。