扇ノ山 が 見えたよ !

2009/07/23

大暑は過ぎたが・・・

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 11:45 PM

 

畑や空き地の草原は ヤブガラシの天下 草いきれのジャングルになっている

鳥の足のように並ぶ5つの小葉 特徴はつる草 その蔓の伸びることは旺盛な繁殖力 そのものである

茎は枝分かれして10メートル以上は伸びているであろう?

地下茎も盛んに伸びその根や茎からは限りなく芽をだして勢力を広げる

ヤブガラシの名は大げさではなく他の草や木に絡みついて藪を枯らしてしまう

花は小さく地味で少し橙色を帯びている その花に蜜を求めてアゲハチョウなどがよく訪れる

今まさに伸び盛り!ヤブガラシの草むらはムンムンである

2009-07-14 伸びるヤブガラシ 002

 

最近 何日か近くの屋敷に朝通いをして珍しい花を楽しんだ

カイズカイブキの生け垣を覆う濃い葉の蔓草に白いレース状の花が咲き続けている

よく知られたカラスウリの花は朝方にはしぼむのだが このキカラスウリの花は午前中まで咲きつづける  

咲き始めて3週間ほど 蔓は伸びて先は垂れ下る 花も先の方へ移ってきた 

夜ごと夜蛾たちが訪れるという どんな匂いを発するのか?KENにはよくわからない 

カラスウリは赤い実をつけるが それより少し大きく黄色の実を付けると聞いた 一度その実を見たいものである

2009-07-15 初蝉・早朝のキカラスウリ 008 2009-07-13 キカラスウリの花 027

 

久しぶりに土手へ散歩に出かける クズの蔓が思った通り元気で道沿いを狭めている

辺りの草原も蔓草や草丈のあるもの天下である ガガイモの蔓も伸びてきている

枯れ草に混ざって花茎を伸ばした橙のヤブカンゾウの花がとても目立って咲いている!

梅雨空のスッキリしない天候のもとで燃えるような花姿 どう言う訳か少し身だしなみ?は乱れて見える

でも 梅雨空の鬱陶しさを払うように一人自己主張し咲き切ろうとしている姿がいい!

2009-07-20 050 2009-07-20 035

 

土手の崖に生えたこの葉はガサガサする カラムシであろうか?

夏へ向かってこの葉が硬くなるが その前この対生する美しい若葉を食す毛虫?に出会う

路傍に生える多年草である 葉と茎を草木染めの染料にすると聞いたことがある

名前が気になって調べてみると 昔 茎を蒸し皮を剥ぎ繊維として上質の織物?がつくられたようである

大暑も過ぎた 早く梅雨送りして明るい空が見たいものである  

2009-07-21 繁る葉 004

広告

2件のコメント »

  1. こんにちわ(^ー^)ノキカラスウリの花は何とも不思議な花ですね。少々妖気漂う感じがします。カラムシは天然の物のようですが、福島県の会津地方の昭和村と言うところでカラムシ織りに使われてる植物と同じなのでしょうか?自然環境下での植物の生命力は、何物にも変えられない美しさが有りますね。

    コメント by saganhama — 2009/08/01 @ 4:41 AM

  2. hamaさんへ 長い梅雨ですねーェ?でもあまり雨の少ない日々でしたからキカラスウリも楽しめました。カラムシはまだ若葉ですが茎の皮はシワソウな記憶があります。でも出来上がった織物を見たことがないのですよ。昨日、散歩に出てみますと、草叢は葛などの蔓草で累々と広がって伸びとてもと喜んでるようでした!そんななかで、おしゃるような自然の理を見つけて少年の心に返るのです!そろそろ梅雨明けになってもいいのですが・・・・

    コメント by KEN16 — 2009/08/03 @ 10:23 PM


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。