扇ノ山 が 見えたよ !

2009/03/24

彼岸過ぎて

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 5:08 AM

 

寒くなったり暖かくなったり 今年はそれでも観測史上最も早い桜の開花となった

 

resize0231 resize0230

先日 里は暖かい陽ざしである お山の方の雪どけは如何かな?と思い麓を訪ねる

W集落を通り過ぎ お山の木々が見えるあたりまで林道を車で上がる 

お山の上方に目をやると 濃い青色の杉に僅かに雪を被った姿を見る

その辺りブナ林は枯れ葉もない 雪は降っては融け融けては降り 春雪が眩しく色を拒んで見える

お彼岸を過ぎて お山も春の目覚めを始めたようである(フォトストーリー) 谷川の水音が耳に届く

お山のパノラマ(フォトストーリー) 

R0017018

R0016891

春雪はすぐに解ける 少し暖かくなると草むらが明るい緑色をます 

カラスノエンドウも蔓を伸ばす イヌヌノフグリは恥ずかしげもなく他の草花より早く空色の花顔をみせる

チラチラ ホラホラと 地中海の空のように明るい色合いがいい

夕方の土手に出ると土筆が疎らに伸びて何処となく法面が暖かそうである

さらに川岸まで下りると川面が眩しく照り返す 

ネコヤナギの銀色の花が目立たないが水の温みを感じる

 

R0016998

 R0017043

先日 5年ぶりに庭にある椿からの実生苗に一輪の花が咲いた

どんな椿より鮮やかな朱色は不思議な輝きを放つ 庭の真ん中に鉢上げした しばらく注目の的になる

ヤブツバキであっても色鮮やか(フォトストーリー)で盛が目立つことは自ずと庭を明るくする 

舞散って不思議の姿を残す椿 少し憂いを感じ妙のある”十里香”の花姿がまたいい

全国的に桜前線は日毎に早く北上している 我が家の”雅の桜”も勢い付いて開いている  

記録的な暖かさのため 花冷えになっても咲き始めた桜の開花はその勢いはもう止まらない

この年は開花が早まったとはいえ”桜の妙”はなんであろう 

花びらが春の嵐に舞うか? 色褪せるまで気だるく咲きのか?

散策の菜の花街道(フォトストーリー)も今年は冴えない 夕暮れは何処となしに花寂しい・・・

明るい春の陽がこいしい・・・

広告

2009/03/17

だんだんと暖々

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 6:37 AM

 

外を歩いてみて感じる日の暖かさ!

川沿いの景色が少し春色を感じさせる

背の高くなった柳の木に若芽見える  空の色が明るく変わってきている

日蔭に入るとシンとして・・・そんなところでは迎春花は元気がいいく

遥かの山々 川沿いの草色や柳の新芽 雲が走ってゆく 一瞬春が映える

R0016631

R0016635

 

春めいた時に油断すると庭の鉢物まで冷えき寒そうである 

散策の道沿いでも 小鳥殺しの春雪の洗礼をうけて伸びかけていた土筆が萎えている

空山には白い雪(フォトストーリー)が僅かに見えるが風車が寒そうに回っている

だが 春の雪が消えるのは早い 

翌日の午後 小高い住宅団地に上る 

東のお山が明るく春のパノラマを開いたように見えた!(フォトストーリー)

 R0016728

R0016765

 

日毎に暖かさが増して 枯れた草原にニョキニョキと土筆が伸びてきた!

散歩の道すがら土筆摘みの人影を見かけるようになった

R0016804

2009/03/09

春寒

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 7:23 AM

 

家の周りには全く雪跡は消えた 春になったのだがまだ寒いのである 

陽ざしがよければユックリと日向ぼっこしたくなるのだが・・

そうはいかないのがこの頃の天気である 寒の戻りである 少し気を緩めるわけにはいかない

春の雪には 色々な思い出を感じる 春になったのだから残る寒さだけではない 何かを・・・

R0016518

 

2か月ぶりであろうか お山の麓の方にある有楽椿のお寺(フォトストーリー)を訪ねた

遥かお山の”扇ノ山”を眺めると まだまだ冬のお寝眠りにあるようである 

雪のないお寺の境内では 早く散り落ちた花姿は少し痛々しくも見える 

冬が早く通り過ぎ 椿の花色は色褪せ 境内の空気は何処か淀んでいるのを感じる

その散り落ちた多くの花々 古の時代から400年余り経て生き抜いてきた精をそれぞれに感じる

樹上に咲き残る僅かな花々は 艶やかな色合いは薄らいでも むしろ穏やかな貌を見る

DSC_0823 

DSC_0828

DSC_1105

 

うすら寒い日が続いている 家に籠ることばかりではと思い郊外のそば屋さんへ出向く

そのお店の中で珍しい縦のお雛様の軸飾にであう 

お雛祭りは済んだのだが 旧暦の雛祭りの日まで飾ることが普通であるからであろうか

桃の花より菜の花の方が この場にはことのほか似合い心和む

R0016586

 

昨日は午後になって暖かい日差しになった

土手沿いの散策道を先ず東へ1キロ 折り返して西へ3キロ歩く
南斜面で日差しが暖かい よく伸びた土筆を何本か見つける
その先をウロウロと歩く 出はじめたタケノコのようにハカマを纏った土筆を見つける
その場所は遅れている この季節は斜面が幾分温まるのに時間がいるのであろうか? 

あたり一面に土筆が見られる春本番はこれからということであろう

 

 

R0016616

 

WordPress.com Blog.