扇ノ山 が 見えたよ !

2009/02/07

立春のころ

Filed under: 未分類 — oogiken16 @ 4:01 AM

 

この冬の初雪は早くやってきた そして新年早々にも雪景色となった 

遥かお山を眺めるため積もった雪のなかクヌギなどの冬木立(フォトストーリー)の道を何度か登った

雪の消えた山道 カサカサと音を立てて落葉踏みしめる 自分のなかあるものを一つ一つ確かめるのである

山道の途中で荒れた畑の隅に綻びはじめた白梅を見つる 春を告げる清楚な香りが感じられない??? 

R0015612 R0015593

 

平地では雪降りは多くもないが冷たい雨のが・・・

お山の方では雪降りが続きであろうが また雪解けも始まっていることであろう

日毎に川の水嵩が増してるようである 水の色はまだ寒色である 

近くに咲きはじめた黄梅の花は ほとんど蕾のままで開こうとしない

R0015712 R0015737

 

夕方近く町中の保育園の庭 雪が解けても子供の姿が見られない 小鳥がチューチューと鳴いて横切る

庭に夏秋と明るく花灯篭のように咲き続けたツワブキ その花が雪の季節を過ぎて実を結んだ綿毛

吹雪の冬のなかでも凛と茎をたて 今静かに茎折れても綿毛は春の旅立ちを待っている

軒下に雪を避けてた置いてた鉢の中で ベトナム生まれの椿が久しぶりに白い花をつける。

寒さに弱いが絹のように優しい花姿が不思議な雰囲気をもつ 

花弁が少しずつ開いてゆく風情がいい この冬は寒かったであろうと労いうの言葉を掛けてやりたくなった

R0015758 R0015769

R0015782

 

少し陽ざしが明るくなった外へ出かける 紅梅の枝に僅か一つミノ虫を見つける

やはりその姿はうそ寒そうに感じる でも 春の訪れが近かそうみも見える 

明るい陽ざしのなかのタラの芽はまだ生気ない 無骨な野武士の兜のようである

晴れて抜けるような青空 銀ギツネのマフラーを思わせるハクレンノの蕾は少しずつ膨らんでいるのか?

四月の初旬このハクレンは桜の満開に先駆けて白色蛍光灯を付けたように庭を明るく照らす

R0015816  R0015872

 

朝早く湖山池の側を通る 雪はないがラグーンの冬景色にしばらく展望所でノホホーンと・・・

遥かお山は霞んでお顔を見ることはできなかった 民話の世界を感じる早春の冬景色にしたる 

R0015778

 

陽ざしが明るくなってきた 草原の枯草が少しづつ緑を取り戻している

日蔭はやはり寒そうである でも”立春の 花一輪の 暖かさ” を見つける

R0015858

広告

4件のコメント »

  1. 湖山池!(こやまいけ)と言うのですね。 そちらは山と川だけではなくすごい池があるんですね、 初めての登場?池としては日本一の池というではありませんか。 もう春は芽吹いてますネェ。  カサカサと音をたてて、 フォトストーリーが春が来たぞと言ってるようです。

    コメント by fujim — 2009/02/09 @ 7:59 AM

  2. fujimさんへ 早春の小寒い地へ ようこそようこそ!今は山の方からの雪解け水が増え流れています。冬季は、潟湖ですからこの池から海への流れが逆流しないために池の流末を堰止めるのです。そのために水位が上がり満々とした池になってきます。昼間はカモなどの水鳥が沢山遊んでいますが、夕方になると姿をけします。民話は、”扇で西陽を招き返して田植えを終えた長者の田んぼは、翌朝には一面池になったとさ!”で人の傲慢さを戒めたお話かな?以前、何処かで長者の立像を紹介したような気がします。

    コメント by KEN16 — 2009/02/11 @ 10:24 PM

  3. 移動されてたのに気付きませんでした 久しぶりに拝見して お山もKENさんも お変わりなく何よりです。 雪解けが始まったと思うとまた雪になる でも 雨になる日が増えてくると 桜も赤みを増してきますよね。ヒヨは ご飯なかったら ピィッーーって 催促しますよ 我が家も 時々やられます。 用意するまでは 近くの木に止まっていますが 背中を向けたとたん 羽ばたきが聞こえます。それはそれで 何となく 嬉しいものですが。

    コメント by 猫と薔薇と私と — 2009/02/16 @ 8:37 AM

  4. 猫と薔薇と・・・さんへ 遅くなりました雪が雨に変わる“雨水”も過ぎ、日毎に春は近づいているのでしょうが、外も内も?いま一つさえないのがKENの鼻器官です。風邪や花粉症なのか分かりませんがマスクを離せません。スズメの姿も見えませんが、ツグミがすっかり姿を見せなくなりました。エサ場はヒヨドリの天下で確かに催促してるのでしょうね?本当に鳴き声は賑やかです。こちらの与えるエサは、柿から自家用の八朔等ミカン類に変えました。

    コメント by KEN16 — 2009/02/19 @ 5:30 AM


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。